賃貸契約と大阪の初期費用

大阪の賃貸住宅を契約する際にかかる初期費用としては、敷金と礼金があります。

この初期費用をなんとか値下げしてもらおうと交渉するときには敷金や礼金の交渉は慎重におこなった方が良いでしょう。

何故かと言いますと、交渉することで価格を値下げしてくれる場合もあるからです。

敷金というのは家賃滞納時に利用されたり、退去する際に部屋に壊れている部分があったり、汚れている部分があったりしたときのリフォーム費用として使用されるものですので、大家さんにとっては賃貸マンションの保険のようなものなのです。

対して礼金とは賃貸契約時に大家さんに支払うお礼金です。支払われたお礼金は入居前の室内クリーニングや空室期間の家賃分の費用として使用します。

賃貸契約の際は必ず初期費用である敷金や礼金についての交渉はしておきたいですね。