看護師

看護師
看護師になるためには、看護学校などへ行き看護師免許を取得しなければなりません。 早く看護師になりたいという方は、高校からの入学が良いですが、社会人になってから入学することも可能です。

看護師の中でも、それぞれの特定の分野に認定された認定看護師があります。 その特定分野とは、救急看護 ・糖尿病看護・手術看護 ・乳がん看護・小児救急看護・認知症看護など全部で17種類の分野があります。

認定看護師になるためには、保健師、助産師、看護師のいずれかの免許取得者で、実務経験が通算5年以上(そのうち3年以上は認定看護分野の経験があること)、600時間以上の認定看護師教育課程を受講し、認定看護師認定審査を受け合格しなければなりません。

その後も5年ごとにレベル保持のため、更新審査を受ける必要があります。認定看護師は生涯勉強をしなければならないので厳しい資格と言えます。